読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kuule

秘境

きょうはなんにもないすばらしい一日だった

(・∀・)

実際にそんな感じでした。

このタイトルの元ネタはぼくなつです。

PS用ソフト「ぼくのなつやすみ」において、一日の終わりに書く絵日記の内容のひとつ。
「きょうはなんにもないすばらしい一日だった」の言葉が示す通り、何もせずに就寝した場合は絵日記にこう書かれる。
通常は夜にならないと絵日記を書く事は出来ず、また遊んだりテレビを見たり等何かしら行動していれば絵日記にその内容が反映されるため、普通にプレイした場合はこの文章を見る機会はなかなか無い。
しかしTASさんは最速を追い求るが故、「絵日記を書く画面で照明を消すことで一日を終わらせ絵日記を書く」という技を駆使し、「朝食を食べた後に寝室へ直行して絵日記を書き就寝」というダメ人間の見本のような一日をひたすらボクくんに繰り返させた。

そしてTASさんがプレイするぼくくんの日記の最後(8月30日)にはこう書かれます。

この夏休みはなんにもない すばらしい夏休みだった

あらゆるフラグを折りまくった末に到達する境地。

こんなテキストを用意できるからシリーズ化できるほど人気なんですね。

私もぼくくんのように気楽にブログを続けたいと思いました。

あっ、そうだ(唐突)

後、修造さんの熱意ですね。

過去のことを思っちゃダメだよ。
何であんなことしたんだろ…って怒りに変わってくるから。
未来のことも思っちゃダメ。大丈夫かな、あはぁ~ん。
不安になってくるでしょ?
ならば、一所懸命、一つの所に命を懸ける!
そうだ!今ここを生きていけば、みんなイキイキするぞ!!

修造さんの熱意があればゴミのような記事でも公開するボタンを押す勇気が得られるのです。

ありがとう松岡修造。

それにしてもテーマ曲が心にしみるのだ。

早くVitaかPS4でぼくなつ5を出してほしいです。作る気あるんですかSCEさん。

できれば今年の夏に頼みます。

夏休み (角川文庫)

夏休み (角川文庫)

魔法科高校の劣等生〈5〉夏休み編+1 (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈5〉夏休み編+1 (電撃文庫)

広告を非表示にする